トリキュラーの情報満載!日本で最も人気の高い低用量ピル

トリキュラートップ画像
避妊率99% 安心で安全な避妊ピル
低用量ピルのトリキュラー
トリキュラーパッケージ

トリキュラーは日本でも人気の高い低用量ピルです。安全性が高く避妊成功率も高いので初めてでも扱いやすいピルになります。

普及率の高い 低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーイラスト

トリキュラーは、一般的に低用量ピルと呼ばれる女性ホルモンのお薬で、病院などで処方される排卵抑制の作用のある経口避妊薬(ピル)です。
日本のバイエル薬品が開発製造したお薬で、購入には処方せんが必要な医療用医薬品です。

子宮内膜症などの病気の治療や、生理痛の緩和などにも効果があり、 避妊目的以外でも広く利用されている女性のためのお薬になります。
長期間服用する目的に作られているので、毎日安心して服用することができます。

ピルと言えば強い副作用が気になるところですが、低用量ピルのトリキュラーは副作用も軽く使いやすいため、人気の高いピルになります。

低用量ピルのトリキュラーとその他のピル

高用量ピル・中用量ピル・低用量ピル

ピルには成分量の違いで高用量・中用量・低用量と分けられています。
副作用が強いと言われているピルは、高用量・中用量のピルのことで低用量ピルが出てくるまでは、主流となっていたピルです。
高用量ピルは一番最初に作られたピルで、元々はホルモン治療用のお薬でそれを転用し使用されていました。そのため継続して使用するには副作用が強く、女性のからだに多くの負担を強いていました。
その後中用量ピルが誕生し、しばらくは中用量ピルが主流でしたが、より副作用の少ない低用量ピルが認可されたことから、現在では低用量ピルが多く使われています。

主流ではなくなったとはいえ治療の内容によっては成分量の高いピルの方が効果的な場合もあり、高用量・中用量も治療目的で使われています。

『用量』って何を指すの?

ではそもそもこの高用量や中用量とかって何かということですが、これはピルの成分でもあるエストロゲンの量の事を指します。

ピルの成分について

ピルは『卵胞ホルモン(エストロゲン)』『黄体ホルモン(プロゲステロン)』の2種類で構成されています。
女性のからだは毎月生理がくるまでの間、この卵胞ホルモンと黄体ホルモンが増減することでバランスを保っています。
この2種類の女性ホルモンをピルを使って調整することで、避妊や子宮内膜症や月経困難症の治療を行います。

卵胞ホルモンが強すぎると悪心や頭痛などの副作用の他、更年期障害のような症状も出る恐れがあり、からだにかかる負担も大きくなります。
長期間継続して服用しなくてはならない避妊薬としては、低用量で負担の少ないトリキュラーなどが最適です。

第二世代3相性のトリキュラー『世代』と『相性』とは

低用量ピルには沢山の製品があり、それぞれ『第一世代』『第二世代』、『1相性』だったり『3相性』だったりと分類がされています。
トリキュラーはというと、『第二世代3相性』となります。

【世代】
この世代というのは、作られた黄体ホルモン製剤の順番から来ています。
低用量ピルの卵胞ホルモン剤はどれも同じ製剤が使われていますが、黄体ホルモンについては世代ごとに違う製剤が使われています。

黄体ホルモン製剤
第一世代ノルエチステロン(NET)
主な製品:ルナベル・オーソM
第二世代レボノルゲストレル(LNG)
主な製品:トリキュラー・アンジュ
第三世代デスゲストレル(DSG)
主な製品:マーベロン・ファボワール
第四世代ドロスピレノン(DSPR)
主な製品:ヤーズ
ジエノゲスト(DNG)
主な製品:ディナゲスト

【相性(そうせい)】
相性は錠剤に含まれる成分の量や比率で区別されています。
中用量ピルまではどの錠剤も一定の配合でしたが、低用量ピルは使われている黄体ホルモン製剤の特徴によって配合パターンが異なります。

1相性
1相性について
服用する錠剤はどれも同じ量で一定に比率。
2相性
2段階にホルモンの含有量を変化させてある。
後半11日分は黄体ホルモン量が多い。
3相性
3相性について
3段階にホルモンの含有量を変化させてある。
自然なホルモンバランス近い配合。

トリキュラーは第二世代の3相性となっており、黄体ホルモン剤のレボノルゲストレルがもつ特性をコントロールするためホルモン量を三段階に調整してあります。
それにより、女性の月経周期に近い自然な流れで女性ホルモンを摂取することができるので、女性のからだへの負担が少ないとされています。

緊急避妊用のモーニングアフターピル(緊急避妊ピル)

アイピルのイラスト

高用量・中用量・低用量ピル以外に緊急避妊ピルというものがあります。
これはまた他とは違い、性交後に妊娠の疑いがある場合にのみ服用する緊急用の避妊ピルです。

トリキュラーなどの低用量ピルは、毎日決まった時間に飲み体内の女性ホルモンを調整することで、排卵を抑制し避妊することができるのですが、緊急避妊ピルは性交後に服用することで着床を防ぎ避妊する効果があります。

緊急避妊法にはヤッペ法という中用量ピルを使うものとLNG法(ノルレボ法)という黄体ホルモン剤(レボノルゲストレル)を使った方法があります。
中用量ピルよりも副作用の少ないLNG法が現在では主流になってきており、緊急避妊ピルと言えば、このレボノルゲストレルが成分の『ノルレボ錠』を指します。
ノルレボ錠は日本で唯一認可されている緊急避妊薬で、副作用も少なく安心して使える薬になります。

トリキュラーの正しい飲み方

トリキュラーに限らず、低用量ピルは飲み方にルールがあります。

・毎日同じ期間帯に飲むこと
・飲み忘れはご法度

たったこれだけですが、重要なルールです。
毎日飲み忘れず同じ時間帯で飲むことが出来ていれば、避妊の効果は最大限に発揮されます。

特にトリキュラーについては、3相性のため配合が3段階に異なっており、28日の周期の中で飲む錠剤が決まっています。飲み忘れた時の時期によっては対処法が異なったり、避妊の効果が半減する可能性もあります。
24時間以内であれば飲み忘れた分を気付いた時にすぐ服用すれば良いのですが、二日以上飲み忘れたりした場合の対処については、慣れていないとどうしたら良いか混乱する可能性もあります。
できるだけ飲み忘れはしないことが大切です。

副作用が怖い!? ピルに対して正しい知識を!

副作用については、昔から様々なことが言われています。

・がんになる
・血栓症になる
・吐き気や嘔吐の症状が出る
・妊娠できなくなる
・太る

など色々な噂が飛び交っています。

ピルと言っても高用量ピルであったり低用量ピルであったりと種類がありますが、確かに昔使われていた高用量・中用量ピルの場合は、がんになる可能性があったり吐き気や頭痛などの辛い副作用が多かったと聞きます。

現在主流となっている低用量ピルについては、血栓症になる心配はあるものの、かつてのような辛い副作用は少なく、使い始めの初期に出たりはするものの、使い続けていればなくなっていきます。

用法を守りきちんと服用さえすればさほど怖いものではなく、安心して長期間使い続けることができます。
但し妊婦や喫煙者、40歳以上の人、そのほか病気でピルを使ってはいけない人や併用してはいけない薬など禁忌もありますので、服用の際には医師からきちんと説明を受けてから始めましょう。

避妊はもちろん月経困難症やPMSなどの治療薬としても有名なトリキュラー

トリキュラーは避妊薬として有名ですが、からだの女性ホルモンのバランスを調整する働きによって得られる効果は避妊だけではありません。

女性が持つ悩みには、生理痛や生理前のイライラなど生理に関係したものが多いのではないでしょうか。

・生理前になるときまってイライラがひどくなる
・体がだるい
・眠気が酷い
・生理痛が酷い
・生理の出血がいつも多い
・生理不順

女性なら誰もが抱えている悩みがほとんどではないでしょうか。

これ全部女性ホルモンのバランスが崩れたために起こる現象になります。

生理前のイライラやだるさ、眠気はPMS月経前症候群と呼ばれる病気で、生理痛、出血過多については月経困難症、もしくは子宮内膜症など子宮周りの病気の症状です。
これらすべてトリキュラーで女性ホルモンのバランスを整えたら改善される可能性があります。
また生理不順についても、トリキュラーを服用することで毎月決まった周期で生理がくるようになります。

このように避妊目的ではなく、生理の改善にトリキュラーを使用している人も多いです。

処方せんは不要?トリキュラーは通販でも購入可能な薬

使いやすさで人気のトリキュラーですが、日本では処方せんが必要な医療用医薬品です。
購入する場合は、病院へ行き医師から処方をして貰う必要があります。

しかし妊娠しているわけでもないのに産婦人科へ行くことに抵抗があったり、長い待ち時間や毎回かかる診察代など無駄に時間やお金がかかることに不満がある人も多いのではないでしょうか。

実はトリキュラーも通販が可能です。
正確には、海外製のトリキュラーを個人輸入で購入することになるのですが、この方法を使えば好きな時にラクに購入することが出来ます。

海外製と聞くとちょっと不安になりますが、トリキュラーについては海外製も日本製と同じ製薬会社が製造販売している正規品になります。
異なる点はパッケージくらいで、品質は問題なく安心して使用ができます。
また金額も日本で処方されるよりも安く手に入るので、一年間服用することを考えるととてもリーズナブルです。

個人輸入と聞くと敷居が高いイメージですが、医薬品専門の個人輸入代行サイトがあり、それを利用すると、難しい手続きなども不要で普通の通販のように購入することが可能です。
また日本のサイトになるので、全て日本語で購入価格も円表記と、初めてでも大変分かりやすいです。

ポイントがたまったり、まとめ買いでさらに安く購入できたりするようなお得なサイトもあるので、安くラクに購入したいという人にはオススメです。

【トリキュラー】の購入なら『医薬品@通販』がおすすめ

4.8
トリキュラー
内容量:1箱 21錠
在庫状況 在庫あり
決済方法
  • カード
  • 銀行振込
配送方法 自宅郵送、郵便局留め可
配送料 全国配送700円 ※7,000円以上で送料無料!

低用量ピル【トリキュラー】は、まとめ買いがお得です!

本日注文すると最短で2月27日(火)に届きます。

内容量:1箱 21錠(1ヶ月分)
有効成分:レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
分類:低用量ピル(第二世代・三相性)
製薬会社:バイエルシェリング