トリキュラー21と28

トリキュラーの21と28って?2つの違いを解説

トリキュラーの種類について

そもそも21と28って何の数字?

トリキュラーを購入しようと思ってネットで検索すると出てくるのが、『トリキュラー21』『トリキュラー28』という製品名。
21や28って一体なんの数字か分かりますか?
数字が違うと成分が違うのかどっちを買ったら良いのか不安になってしまいますよね。
ではこの数字は何なのでしょうか。

21錠と偽薬の入った28錠

トリキュラー21錠と28錠

21と28。
実はこの数字、成分の違いとかではなく、入っている錠剤の数なんです。
21はワンシートに21錠が入っており、28についてはワンシートに28錠が入っています。

成分に違いはないのに、錠剤の数が違うってどういうこと?って思うかもしれませんが、実は28錠には偽薬(プラセボ錠)と呼ばれる錠剤が7錠入っています。

偽薬(プラセボ錠)というのは、一見普通の錠剤に見えるけど薬効効果が何もないデンプンなどで出来た偽ものの薬のことです。

なぜ偽薬が入ったものも売られているのか。これについてはトリキュラーの服用方法が関係してきます。

21と28の飲み方の大きな違いは休薬日にあり!

トリキュラーなど低用量ピルは毎月飲み続けるものになっており、28日周期で繰り返します。
この28日の中で、実際に女性ホルモンが入った錠剤(実薬)を服用するのは21日間のみで、残りの7日は女性ホルモンは摂取しません。
この7日間は休薬期間と呼ばれ、女性ホルモンの摂取を中断する期間になります。
この休薬期間に消退出血と呼ばれる出血、いわゆる生理がきます。

さてここで出てきた21と28という数字、トリキュラーでも出てきた数字ですよね。
トリキュラー21の錠剤には、21錠全てに女性ホルモンが配合されています。
ではトリキュラー28というと、トリキュラー21と同じく女性ホルモンが配合された21錠と、偽薬と呼ばれる何も入っていない錠剤7錠が入った28錠で構成されています。

この21と28の違いは、偽薬の有無のみで、服用の違いも休薬期間中に何も入っていない偽薬を飲むか飲まないかだけになります。

では、飲み方の違いをここで分かりやすく見比べてみましょう。

トリキュラー21の場合

トリキュラー21錠

トリキュラー21の服用を始めるタイミングは、生理が来た初日になります。
生理初日にスタートし、それから順番に毎日同じ時間帯に服用します。
パッケージには順番が記載されているので、それのとおりに飲み忘れをしないように服用してください。

トリキュラーは3相性タイプのピルで、女性ホルモンの配合が三段階に調節されています。
最初の赤褐色の錠剤と白の錠剤、黄色の錠剤とでは女性ホルモンの量が異なりますので、間違えないようにしましょう。

21錠全てを服用し終わったら、休薬期間になりますので7日間服用を中断し生理(消退出血)が来るのを待ちましょう。
休薬期間に入ったら、通常2~3日で出血があります。
そのまま生理が続いていたとしても、8日目からは次の新しいシートの服用を始めて下さい。

これを28日ごと繰り返します。

トリキュラー28の場合

トリキュラー28錠

トリキュラー28の場合も、トリキュラー21の時と同じく、服用の開始は生理初日になります。
飲み方についても同様で、パッケージに記載されている順番通りに毎日同じ時間帯に服用しましょう。

21錠目まではトリキュラー21と同様なのですが、最後の7錠、一回り大きめの白い錠剤があるかと思いますが、これが偽薬(プラセボ錠)になります。
最後の7日間、この偽薬を毎日飲み続けます。
当然成分は何もないので、休薬していることと同じです。
仮にこの最後の大きな白い錠剤を飲み忘れたとしても、何も影響はありません。

28錠全て飲み終われば、次の日からは新しいシートの服用を始めて下さい。
もしまだ生理が続いていたとしても、気にせずに服用を始めましょう。

自分だったらどっちを選んだら良い?

トリキュラー21と28がなぜ存在するのかというと、休薬期間から次の周期への移行の際のタイミングが関係してきます。

トリキュラーは低用量ピルで女性ホルモンの配合も三段階に調整がしてあります。
飲み忘れをしないように毎日きちんと管理し、それを毎月繰り返していかないといけません。 その間に飲み忘れをしてはいけませんし、時間を大幅に変更することも避けなければいけません。

特に気を付けないといけないのは、21錠服用し終わり休薬期間に入ったあと次のシートの服用を始める時です。
休薬期間の7日が終了したことに気が付かず、次のシートを始めるのが遅れてしまった場合、避妊効果は万全とは言えないでしょう。
このような問題を改善するためには、21錠と28錠どちらのタイプが自分にく考えて選ぶ必要があります。

飲み忘れ注意!自分で管理しやすい方を選びましょう

21と28とどちらにするかは、使う人自身の使いやすさで決まります。
毎日薬を飲むのが嫌で最後の7日間くらいは飲まない方がラクというのであれば、トリキュラー21が良いでしょう。
しかし習慣化するために毎日飲んだ方が良いのであれば、トリキュラー28をおすすめします。

最初は28で慣らしていって、慣れたら21にするという人もいますし、使い方は人それぞれです。
毎日続けやすいかどうかが重要なので、自分の生活習慣に合った方を選びましょう。

日々の飲み忘れ防止として、毎日同じ時刻に同じ場所で飲むようにするとか、台所や机の上など普段一番目に着くところをピル置き場にすることも良いかと思います。

最近ではピルの服用管理のスマホアプリなどもあり、スマホでの管理もできるようになりました。
このような専門アプリを使ったり、カレンダー機能を使って定時にアラームを鳴らすなど自分が一番やりやすい方法で毎日管理をしましょう。

4.8
トリキュラー
内容量:1箱 21錠
在庫状況 在庫あり
決済方法
  • カード
  • 銀行振込
配送方法 自宅郵送、郵便局留め可

低用量ピル【トリキュラー】は、まとめ買いがお得です!

本日注文すると最短で1月25日(木)に届きます。

内容量:1箱 21錠(1ヶ月分)
有効成分:レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
分類:低用量ピル(第二世代・三相性)
製薬会社:バイエルシェリング