トリキュラーとマーベロン、ヤーズの違い

トリキュラー・マーベロン・ヤーズを徹底比較!ピル選びの決定版

低用量ピルのトリキュラーと超低用量ピルのマーベロンとヤーズ

低用量と超低用量の違い

ピルと言えば高用量・中用量、そして低用量ピルと様々あります。
一般的にピルと言うと低用量ピルのことを指すのですが、現在は超低用量ピルというものも販売されています。

この「低用量」とは何をさしているのかと言えば、主成分となる女性ホルモン(エストロゲン)の量を指します。
つい最近までは中用量ピルが主流だったのですが、副作用が強く女性のからだに大きな負担を強いていました。
しかしそれよりも低用量なピルが認可され、現在ではほとんどの病院が低用量のピルを処方しています。

超低用量ピルは低用量ピルよりもさらにホルモン量が少なく、リスクが少ないと言われています。

低用量ピルの種類「世代」と「相性」とは何か

トリキュラーやマーベロン、ヤーズは低用量ピルの中に位置づけられていますが、使われてる製剤によって世代分けされています。

トリキュラーは第二世代
マーベロンは第三世代
ヤーズは第四世代
と世代は異なります。

低用量ピルの女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二種類あり、

このうちプロゲステロンの製剤の種類で世代分けがされています。
それぞれの製剤には特徴があり、その特徴によって使い分けがされています。

黄体ホルモン製剤製品
第一世代ノルエチステロン(NET)ルナベル・オーソM
第二世代レボノルゲストレル(LNG)トリキュラー・アンジュ
第三世代デスゲストレル(DSG)マーベロン・ファボワール
第四世代ドロスピレノン(DSPR)ヤーズ
ジエノゲスト(DNG)ディナゲスト

次に相性ですが、これは錠剤の配合で分けられています。

【1相性タイプ】
どの錠剤も同じ配合の錠剤です

【段階型タイプ】
配合量が段階的に異なるタイプで、2段階であれば2相性、3段階であれば3相性ピルと呼ばれます

1相性はどの錠剤も同じ配合量になっており、どの錠剤を飲んでも成分に変わりはありません。しかし段階型ピルはは配合が段階的に変わるため飲む順番が決まっており、飲み忘れた時など注意が必要になります。

トリキュラー、マーベロン、ヤーズの場合、トリキュラーは段階型で三段階の3相性ですが、マーベロンとヤーズは一定の1相性になります。

1相性と段階型(3相性)の違い

1相性は、どの錠剤も同じ分量が配合されています。
そのため、偽薬にさえ気を付ければシートのどの錠剤から飲んでも問題ありません。
また生理の調整をする時にも女性ホルモンが一定のため不正出血しにくいというメリットがあります。

段階型タイプである3相性は、28日の周期の間で3段階にホルモン量が変化しています。
ピルの種類によって配合の変化は異なりますが、トリキュラーの場合は最後の10錠が一番黄体ホルモンが増加するように調整されています。
全ての錠剤が一定配合の1相性と異なり、3相性のトリキュラーは女性ホルモンの自然な流れに沿って段階的に調整されているのが特徴で、黄体ホルモンが優位にならないように調整がされています。

飲み方で違うことはある?

基本的に低用量ピルはどれも飲み方は同じ手順になります。
サイクルについて、基本的にどの低用量ピルも28日周期となっているのですが、服用する実薬の数に違いがあります。

実薬とは、女性ホルモンの入った薬のことになります。
低用量ピルは、女性ホルモンが入った実薬を一定期間飲んだあと、一旦飲むのをやめる休薬期間というものがあります。
この休薬期間に子宮内膜が剥がれる消退出血(生理)が起こり、休薬期間が終われば次の周期に入るという流れになっています。

28日周期の低用量ピルの場合、ほとんどは28日のうち21日が実薬、残りの7日を休薬としています。
休薬期間中にも錠剤を飲むタイプもありますが、この時は偽薬(プラセボ錠)と呼ばれる成分が何も入っていない錠剤を数合わせのために服用します。

トリキュラーもマーベロンも相性タイプの違いはあれど、実薬は21錠で休薬期間は7日と定められています。

しかしヤーズの実薬は24錠で、休薬期間は4日となっており他とは異なっているのが特徴です。

タイプの違うピルの使い分けについて

低用量ピルと言ってもたくさんの種類があるのですが、いったいどのように使い分けされているのか不思議ですよね。

日本で低用量ピルと言えば、ほとんどが避妊目的だと思いがちですが、実はいろいろな病気の治療で処方がされています。
例えば、子宮内膜症の抑制や月経困難症、最近ではニキビの治療薬としても有効です。

それぞれ成分となっている黄体ホルモンの製剤によって得意分野が異なり、病院によっては区別して使い分けしてます。

またヤーズなどはLEP(低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤)という月経困難症や子宮内膜症の治療薬として認可されており、保険が適用され治療薬としても非常に有効です。

トリキュラー・マーベロン・ヤーズ それぞれの特徴

それでは各ピルの特徴について比較してみましょう。

【使いやすさNO.1】副作用が少なく人気のトリキュラー

・第二世代3相性
・製薬会社:バイエル薬品株式会社
・シート:28錠と21錠の2種類
・保険:適用外
・休薬期間:7日間
日本で一番処方されている万能タイプの低用量ピルです。
黄体ホルモン製剤レボノルゲストレルは男性ホルモンの作用が強いとされ、それを解消するために3段階に配合を調整した3相性ピルとなっています。
3相性にしたおかげで、女性ホルモンの配合を自然な生理の流れと同じように調整することができ、副作用が少なく不正出血しにくいのが特徴です。そのため使いやすいく初心者でも安心して使えます。
頭痛や吐き気など軽い副作用が出やすいと言われていますが、それも使い始めの時期だけで、使い続けるうちに出なくなります。

【ニキビに効果あり】男性ホルモンに強いマーベロン

・第三世代1相性
・製薬会社:MSD株式会社
・シート:28錠と21錠の2種類
・保険:適用外
・休薬期間:7日間
トリキュラーよりも配合が少し低用量の第三世代のピルです。
黄体ホルモン製剤が、他に比べて男性ホルモンの活性化を抑える性質があるためニキビの治療薬としての効果が期待できます。
副作用としてむくみが出やすいと言われています。

【保険適用のLEP】月経困難症の治療薬のヤーズ

・第四世代1相性
・製薬会社:バイエル薬品株式会社
・シート:28錠
・保険:月経困難症の治療でのみ保険適用
・休薬期間:4日間
マーベロンよりもさらに女性ホルモンの配合が少ない超低用量のピルです
国内で初の月経困難症の治療薬(LEP)として認可されました。
避妊の効果についても他のピルと同様の効果があり、海外ではニキビ治療薬としても人気が高いです。
女性ホルモン量が低用量ピルの中で一番低いため副作用が出にくいと言われていますが、血栓症については国内での発症例が報告がされています。

コスパはどれが最強?価格を比較

トリキュラー、マーベロン、ヤーズそれぞれ個性のあるピルで、目的に別に使い分けできます。

同じ低用量ピルでも分かりやすく特徴のみで選ぶならば、
・使いやすい避妊薬なら、トリキュラー
・ニキビの治療が目的なら、マーベロン
・月経困難症の治療がメインと考えれば、ヤーズ
このような選び方で問題はないでしょう。

では、コスト的にはどれが一番良いのでしょうか。
病院で処方される場合は、トリキュラーだと安いところで1シート1,800円、マーベロンなら2100円。平均3,000円前後くらいが相場のようです。
しかしヤーズについては、保険適用であればトリキュラーやマーベロンと同じくらいの価格帯であるものの、保険適用外となれば7,000円前後くらいの結構高額な薬となっていました。

では個人輸入で購入した場合はいくらになるのでしょうか。
医薬品@通販で価格を調べてみました。

単品で購入した価格一年分まとめ買いの価格
トリキュラー1,580円6,880円(573円/1箱)
マーベロン(ノベロン)1,880円14,736円(1,228円/1箱)
ヤーズ4,180円37,056円(3,088円/1箱)

※マーベロンとヤーズについては、7箱セットを購入した場合の1個単価での計算になります。

1箱のみの単品で購入した場合、ヤーズについては7,000円に比べるとかなり安くなりますが、保険適用の場合と比べるとかなりお高いです。トリキュラーとマーベロンについては、病院で処方される薬よりも若干お安い程度で、あまり変わらないなという印象を受けます。
しかし1年分まとめて購入した場合でみると、トリキュラー1箱581円とかなり安く購入できることが分かります。

ずっと継続して飲み続けると思うと安い方が断然良いですし、続けることも苦にはならないはずです。
避妊が目的であればやっぱりトリキュラーがコスパ的にも良さそうですね。